テントと耐水圧について。気にする必要があるのかという疑問。

テントを買う際に、スペック欄の「耐水圧」というものを気にして買ったことが無い。でも、店員さんとかのセールストークで「耐水圧が〇〇ですので〜」っていうことを耳にすることもあります。気にするべき数値なのかどうか?

事実、今まで買ったテントで雨漏れしたことは一度もない。

今まで買ったテント、一度も雨漏れ(水染み)したことはありません。耐水圧は1,800mmです。数値的にはごく標準的なものだと思います。土砂降りも経験したことがありますが、全然余裕でした。

これよりも少し落ちる耐水圧で1,600mmも持っていましたが、これも全く問題ありませんでした。雨漏れなし。

水が漏れるようなテントを売ることがあるのか?

私が売る側だったら、絶対に売りません。ブランドの威信にかけて「雨漏りするテント」というレッテルを貼られるようなアホなことをするブランドは無いと思います。そう考えれば、市場に流通しているテントは、一般的な使い方なら全天候で使えるよ!ということですから、どれでも信頼して買って良いと考えるのが普通ではないかと。

テントのスペックにはそれほど拘る必要は無いと思う。

いきなり結論のようになってしまいますが、耐水圧に限らず、生地(素材)の質や付属のポールの質など。ウンチクを言わせればいろいろな話もできるかと思いますが、実践で使う場合にはそういう質とか強度などはほぼ意味を持ちません。普通に使えば普通に使える。オーバースペックなど必要ないです。公道でレーシングカーが不要なのと似てる気がする(あまり良い例えではない?)

こんな天気なら耐水圧や強度の心配も必要ですが・・・

実際、私は今まで、自分でハンマーでポール結合部を壊したものを除いて、テントのスペック部分で失敗だったと思ったことなど一度もありませんから。

日本で正規品として売られているテントで、そういう粗悪品はないと思って間違いないです(ノーブランド品は買ったことが無いのでわかりません)。ブランドを信用して買えば良いと思います。

そういう心配をするよりも、設営のしやすさとか、部屋の間仕切りの仕様、大きさ・高さ、窓の配置(ベンチレーション数)などの方が、余程重要になってきます。張りにくい、使いにくいというような各商品ごとにクセは当然ありますから。ここをチェックするのは重要です。と言っておきます。実際に買った人のレビューを見るとか、お店の(詳しい)人に聞くとわかると思います。

これから春シーズンに向けてキャンプデビューの方、キャンプ用品を買う際にああまりにも拘りすぎると疲れます。メーカーさんを信用して買いましょう!

keyboard_arrow_up