お線香の点火に良さそうなポケットガストーチ(ガスバーナー)

先日、ホームセンターに行った際にキャンプに使えそうな道具をチェックしてきたのですが、特に目新しいものもないかなぁ〜とぶらついていたら発見したのもがありました。ポケットガスバーナー。細かく言うと市販のライターを使ったガスバーナーです。いろいろ種類がありそうですが、キャンプにも使えそうな感じだったので、少しご紹介してみたいと思います。

いわゆる“ターボライター”のようなものです。

昔よく売っていた、300円程度する火力の強いライター、ターボライターなんて名前のものをご存知かと思いますが、感じ的にはまさにそれです。

といっても、形状はしっかりガストーチとなっていまして、霧吹き型のような持ち手なので、使い易さはライターよりはるかに優れていると思います。ミニトーチと言った方が良いかもしれませんね。

新富士(SOTO)から出ているのは、「ポケトーチ」と呼ばれる商品で、これが量販店などで良く見かけるものだと思います。SOTO製のバーナーはイワタニと共にキャンプをやる方には馴染みのあるメーカーですから、買うとしたらここらへんにしておけば間違いは無いような気がします。1,000円を切っている価格帯も嬉しいですよね。

サイズ感ですが、ほぼライターサイズ。ポケットに入るサイズですのでポケトーチ!と言ったところですかね?

燃料注入型もあるけど、使い勝手で言えばライター脱着式が断然ラク。

SOTO製のものはライターを入れ替えして使うものなので、ガスがなくなれば100円ライターを交換するだけで使えるから、とてもラク。タバコを吸わない人はライターを買うことも無いので、その場合わざわざライターを入手するのも少しバカらしいかもしれませんが、景品などでたまに配られているライターを使うなんて感じだと、買う必要も無いかもしれません。(今では景品でライターやマッチも配られることがほとんど無くなりましたけどね)

ライター式以外では、燃料注入式もあります。

これを使う場合には、ガスボンベを購入してわざわざ注入することになるのですが、ここまでくるともうお手軽さはなく、むしろミニであることの理由がなくなってしまうような気がします。普通のガストーチで良いんじゃ無いの?と。

加えて、燃料注入式については、購入者のレビューがイマイチよろしく無いものが多い(非常に)。なので、個人的には購入するのはちょっと???な感じです。買うならライター式で良いんじゃないかと思います。

お線香用のライターだったら、ポケット型トーチをオススメです。

キャンプとは全く関係の無い話ですが、この商品を見てすぐに連想したのがお線香の点火。お線香用のライターと言えば、風除けがついたライターが売っていますよね、だけどあれ通常の火力の場合はいくら風除けがあってもやっぱり点火しにくいという欠点がありました。

というわけで、我が家ではお墓に行く際にミニじゃない方のガストーチを持って行ってたのですが、如何せん場違い感がハンパない。周囲の目線が気になるといったことで、そのうち持っていく機会が減っていきました。点火についても、火力が強力すぎるので、点火というレベルではなく線香を燃やす感じになってしまい、その点でも決してスマートではない状況になります。

その点、ポケット型トーチであればそんな心配もなく、ポケットから取り出してサッと使えると言うように、スマートな使い方ができるということに。

キャンプ用トーチとしては、普通のガストーチをオススメ。

以前記事にしましたが、やはりキャンプ用に持って行くには少し実用面で難があると思います。いくら火炎温度が1,300℃あるとは言え(通常のライターが300℃程度だそうです)、カセットガストーチに比べると見た目にも明らかですが非力です。レビューでも炭の火起こしに使えますと言ったものを拝見しますが、確かに使えなくはないはずですが、経験上かなり時間を要することになると思いますし、炭以外の薪など、湿り気のあるものを燃やす場合などですと、ポケトーチレベルでは心許ない!なので、無難に考えるならばキャンプではガストーチをオススメします。

ソロキャンプで持ち物を最小化するなんて考え方ならば、ポケトーチを選択するのもありだと思いますけどね。

いずれにせよ、キャンプ用としてはともかく、お線香シーズンにこのポケトーチを持っていることで、優越感に浸れるのは間違ありません。ワイルドだろぉ〜、な線香点火をしたい方にはぜひオススメです。

keyboard_arrow_up