キャンプのストーブは電源不要の石油ストーブがベストかな?

寒いです。こんな寒い日は家の中でストーブつけて暖かい中でアイスを食べたり、鍋を囲むのが一番ですね。と、キャンプ派の私が言うのもどうかと思いますが、実際この3連休あたりを最後に今年のキャンプを締めくくろうという方もたぶん多いはずです。東北以北ですと、そもそも11月末頃で大半のキャンプ場が閉鎖となりますから、否応無くキャンプのオフシーズンに入りますから、なおさらそんな感覚になるのでした。

快適なストーブのオススメ

ズボラキャンパーの私としては、硬派なキャンパーが邪道だと思うような家電製品を持ち込んでキャンプをするのが大好きです。雰囲気?関係ないっす。ビジュアル?気にしないです。快適性が一番大事だし、わざわざ寒い中やせ我慢してスタイルを出すとかいうような、意味のない見栄を張るつもりもございません。

ひとつだけ気にするとすれば、たまに電源サイト以外でキャンプをしてみたい時に、石油ファンヒーターでは困るというところ。電源が取れないサイトでも使えるストーブであれば、使い勝手が格段にあがりますよね。

電池着火式の小型石油ストーブが良いと思う。

電源不要と言うことになると、着火が電池式もしくはマッチなどのものということになり、選択肢はひとつだけになります。それは古い呼び方で言うとダルマストーブのような、対流型の石油ストーブ。

カセットガスストーブとい選択もありますが、以前書いたように私の個人的な感想で言えばとてもじゃないけど本格的な寒さに耐えうる仕様ではないと思っていますので、使うつもりは無い。となれば、本格的な家庭用ストーブを使うのが一番効率的だということになる。

一番小型でだいたい六畳用あたりだと思いますが、それでも十分なのかな?と感じます。前室で利用するには十分すぎる大きさですからね。屋外のテントという低機密低断熱という環境だということを差し引いても、3畳も無い程度の空間に6畳用のストーブということであれば、十分暖かさは得られるはず。

中毒だけに気をつけたいところですね。

私の場合、寝ている間は燃焼系暖房器具を使わないと決めています。万が一何かあっても、気がつかないのが怖いから。先日、ネットニュースで流れてきた画像をみて、凄い人もいるんだなと感心してしまいましたが、テントを改造して煙突を出せるようにして、室内で薪ストーブを焚くといったものを見ました。その行動力に敬意を払いたいところです。私なら無理・・・「めんどうくさそうだな」という気持ちだけが先走るので。

だけど、これ見てて思ったことがもう一つ。寝ている時なども使うのかな?と。「テントなんて隙間風だらけだから、中毒なんて無い無い!」ということを、知人に言われたことがありました。私が気にしすぎだと。

しかし、実際に車で車中泊をしている人が、マフラーの故障の影響で、室内にガスが流れこんでしまい、中毒でなくなったなんてことがありましたよね?テント内だって、何かの不具合とかで同じことが起きないって言えるのかな?と。

ということで、常識の範囲内で暖かなキャンプストーブライフを送って頂きたいと思います(ストーブライフって何?)

余談ですが、小型の石油ストーブは結構良いお値段がする。石油ファンヒーターの同サイズよりもかなり割高なようですね。災害用などに重宝することで最近見直されているようで、種類もそこそこ出ていますので、買う場合はじっくり品定めした方が良いかもしれません。

keyboard_arrow_up