キャンプ用品の中古相場を知って、お買い得な商品を探す。

ここ数週間で一気に寒さも増してきました。冬キャンプファンには堪らない寒い時期がやってきたところだと思います。寒さが苦手な人はこれから春先までしばらくの間冬眠に入るシーズンになる訳ですね。

少し前にキャンプブーム云々について書いていましたが、今年はそのせいか、中古品の相場が気持ち上がっているというか、お値打ちの出物が少ないような気がします。安値のものがあればすぐに売れてしまっているのではないかと思われます。

これから年末の大掃除シーズンです。キャンパーも用品断捨離をしようかな?と考えている方も多いと思いますし、これから始める方は来シーズンの春先に向けて道具を吟味されている方もいるのかな?と。そこで、最近の中古相場と新品価格などを比較しながら、中古ならどれくらいで買うのがお得なのかを探ってみたいと思います。

定番用品の中古相場リスト

【テント】中古相場新品相場
(スノーピーク)
トルテュライト70,000円〜90,000円128,000円〜
ランドロック80,000円〜100,000円163,000円〜
(OGAWA)
シュナーベル570,000円〜95,000円124,000円〜
ティエラ ラルゴ出物少ないので不明165,000円〜
(コールマン)
コクーン2114,000円〜143,000円162,000円
コーチ85,000円〜90,000円140,400円
【ランタン】
(コールマン)
ノーススター20007,000円〜12,000円21,384円
パワーハウス290A9,000円〜19,224円
ワンマントル286A10,000円〜13,824円
(スノーピーク)
ギガパワーBF10,000円〜12,000円15,300円

テントとランタンのみに絞ってみました。それ以外に、チェアなどありますが、種類が多すぎることと、出物がとにかく少ないので比較しようがありませんので、割愛させていただきました。

こうやって見てみると、人気のある商品はそうそう値落ちしないで毎年取引されているのがわかります。ちなみに、キャンプ用品については基本的に経年での価格落ちはあまりありません。車のように、年数が経過すれば走行距離が増えるというようなことは、キャンプ用品には該当しないからだと思われます。年に数回使う程度というのが、一般的なキャンパーの使い方ですからね。

中古の場合、だいたい4割程度新品価格からの値下がり率と思って良いと思います。逆にそれ以上に値下がりしない商品もあります。コールマンのランタン3兄弟については、本当に毎年中古価格が決まっていますね。数年前は5,000円台でも普通に出ていましたが、今は見なくなりました。

しっかりした中古であれば、買い!

もともと、家電のような保証が付く商品ではないのがキャンプ用品です。ですので、中古でも物がしっかりしたものであれば、買いで良いと思います。機械モノであれば動作確認と不具合箇所の有無、テント・チェアなどであれば破れや破損などの有無がしっかり確認できれば問題ないと思います。

ランタンについては他の記事でも度々書いてきましたが、中古相場で出品されている方が意図的にやっているのか、知らずに出品されているのか良くわかりませんが、並行輸入品を、国内正規品として出されているものを本当に良く見かけます。(見た目にラベルが違う286Aと290Aはわかりやすいですが、ノーススター2000はパッと見まずわかりません。明記されていない場合、出品者に確認するしかないと思います)。

流石に大丈夫か?と思ってしまうのは「Dual Fuel」を「290A740J」の品名で出品されているもの。いやいや「Dual Fuel」はしっかりとした輸入品ですからね・・・無理があるかと思います。

コールマンジャパンのサイトにも記載されているとおり、並行品はアフター・修理などの受付を行なっておりません。なので、自分でパーツを集めて修理できる方以外が手を出すと本当に大変だと思いますので、十分ご承知の上で購入した方が良いと思います。

結局、初心者の方は、新品を購入するのが安心。

なんだかんだ言って、私も含め初心者の方は新品を購入して、国内保証を受けられるものを買うのがベストじゃないかと思っています。もちろん中古の国内品を買うのもありだと思いますが、最初からハズレを引いて、折角のキャンプ熱を冷ますのもどうかと思いますからね。アンパイで攻めるというのが、ビギナーの鉄則ではないかと思っています!

keyboard_arrow_up