アメニティドームを買う場合に考えるポイント。

アメニティドーム。テント購入を考えていろいろ探し回っている方なら、誰でも一度は見たことがあると思うし、実際に試乗(試触り)したこともあるかもしれないし、なんなら購入検討しよう、そして買っちゃった方もいるかもしれない。つまり、超メジャーで、コスパ最強、高クオリティで高コスパな無敵のテントということかもしれない。スノーピークの旗艦テントなのではないかと思います。

アメニティドームのスペックを見てみると。

専門店、量販店などに行くとかなりの確率で展示がされているテントなので、一度は見たことがあるか、中に入ってみたことがあるのでは無いかと思います。みなさんがどう感じたかはわかりませんが、私が感じたポイントです。

  • 背が低かった+コンパクト
  • 前室がないので、後から発展させるのに、ヘキサか連結でシェルターとかトンネルを購入する必要がある。

一番気にしたポイントは以上です。恐らくみなさんの中にも同じ感想の方も多いのでは無いかと思います。

ファミリーキャンプと考えると、私はリビングを大事にしたい。

1人で行く場合や、大人同士で落ち着いたキャンプができるなら、これでも問題無いと思います。また、前室をほぼ使わなくなる夏場にしか行かない方なんかは、前室自体荷物を置くスペースがありさえすれば、こと足りるのでこの場合もアメニティドームで十分じゃないかと。

ただ、私の場合いろいろな季節で楽しみたかったし、寒い時期にリビングで暖かくなりながら過ごしたりできないかと思っておりましたから、どうしても前室の居住性を重視した場合にアメニティドームでは不足があった。

仮にこれをベースとして、連結トンネルを買って、さらにシェルターを購入するとなると、どうなるかを考えました。トンネル+シェルターでだいたい10万円プラスというところですよね。アメニティドームで5万円程度。ということは15万円。設営手間などのこともあるし、価格も・・・他のモデルも十分射程圏内に入ってくるわけです。

もう一つ大きな問題。全高が低い。165cm程度(Lサイズ)なはずですが、これだと100%成人男性はしゃがみ姿勢のままになります。これはちょっとキツイ。実際に展示をお借りして入ってみましたし寝室にも寝転んでみましたが、お世辞にもゆったりとは言えなかった。

でも、考え方次第では全く違う楽しみ方もある

一方でこのアメニティドームは、コンパクト故の楽しさもあると感じました。それは「秘密基地」感覚かな。実際に入ってみると、とにかく包まれている感が強い。車のシートなんかで言うところのホールド感って言うんですかね。案外、狭い方が落ち着くという方も多いはずですが、そういう方にはもってこいの商品だと思います。

ブランドを買うという選択肢もありだと思う。

話が少し飛びますが、スノーピークというとどんなブランドイメージをお持ちですか?私が抱くイメージは、簡潔に言うと、ハイブランド、欧州的デザインコンセプト、お金持ちということを思い浮かべます。ブランド展開などを見てても、アパレルや飲料水などとコラボしたり、常に面白いチャレンジをしている会社だなと思っています。一言で言うと「野暮ったくない」ブランド。

なので、これを買っておけば間違いないし、恥ずかしくは無いというイメージも、購入者の中には少なからずあるのではないかと思います。私の知人にもユーザーがおりますが、思えば彼らはどちらかというと「イケてる」感が漂う人種なので、スノーピークがよく似合う!

正直、これはこれで買う理由としては重要なことです。ブランドを愛せないと、道具も愛せなくなります。なので、自信が持てる道具を揃えるというのは、大事だと思うし、それが購入理由というのは当然の流れだとも思う。

ここから発展させて「基地」を拡張していく人には、堪らないアイテムではないかと思います。

アメニティドームは、キャンプ場では必ず見るテントの一つです。しかも、これを使っている人たちは、道具に対してのコダワリを感じる人が多い気がします。テント以外の道具を見ると良くわかるけど、小物に至るまで結構力を入れている人も多いです。

見てると、コンパクトさを楽しんでいるように思える方が多いですから、やっぱり「基地作り」が楽しいんじゃないかと・・・。ということで、ひとつずつ基地を拡張させて楽しんでいきたい方、それによってスノーピーク三昧を満喫していきたい方は買い!なアイテムだと思います。