秋冬キャンプの楽しみ。焚き火・ストーブについて。

昨日あたりから一気に寒さが強くなりました。寒くなると準備しなければならないのが暖房ですね。我が家ではコタツをしませんから電気カーペットにファンヒーターという組み合わせでヌクヌク感を味わうのであります。

毎年買おうと思うけど結局買わないもの。それが薪ストーブ。

この時期になると、ほぼ毎年決まってアマゾンでチェックをするのが薪ストーブ。何か良い商品が出ていないかなとチェックするのですが、いつもなかなか見つからない。でもちょっとずつ商品数は増えているようでして、以前よりはかなり探し甲斐があります。

私もカセットガスストーブは持っています。しかし以前記事にもしましたがどうしても使い勝手が悪い。使い勝手と言うか燃費もそうだし、暖かく無い・・・

ですので、結局焚き火で良いんじゃ無い?という結論に至る訳ですが、それはそれで少し問題もあって、それは風がある程度強い日には、安心して外で焚き火もしていられなくなることです。間違って火の粉が大量に飛散してしまって、山火事なんか起こしたら嫌だな〜なんて考えるからです。私は小心者なので、そんな些細なことを気にしてノンビリとしていられなくなる性格なので。

という訳で、選択肢が狭まってくると、薪ストーブどうかな?というところにたどり着くのでした。

薪を使ったストーブはどんなものがあるのかな?

いろいろあるので少しだけ挙げてみます。ネット通販に上がっている商品がほとんどです。聞きなれないメーカーの商品も入っています。

たまに見かけるのはこんな感じですよね。

超コンパクト。しかし、薪の入れられる量はみた通りの小ささなので、実用面で言うとちょっと厳しいのではないかと思っています。

燃え方はどんな感じなんだろうか?

おそらくですが、閉鎖された燃焼室内で燃やすので、焚き火台のような剥き出しの時よりもはるかに長持ちするのだけはわかりますが、具体的にどのくらい持つかというのは、あまり情報がありません。実際に買ってみるしかあるまいなぁ〜。

単純に、薪ストーブって良いですよね。

なんか、ワクワクしますよね外でストーブ。焼き芋とかしたいし、そこらへんの落ち葉を集めて清掃がてらにいろいろ燃やして遊びたいな!なんてことを考えてしまいます。

だいたいのストーブが、天板がコンロを兼ねるタイプなので、料理や湯沸かしもできるから、バーナー兼用として持っていけば、荷物も減らすことができそうな気がします。

唯一、大きなサイズのストーブだと、薪の消費量はそれなりに覚悟しないといけないかなと思いますので、ホームセンターなんかで薪を安く買えるところを探さないといけないかもしれませんね。

初売りで買おうかなと今年もまた迷う。

毎回思うのですが、薪って結構高いですよね。1束で400円前後でしょうか。森林組合さんなんかで伐採したものを配布してくれたりしないかな?なんて調べてますけど、私の地元ではやっていない。高級な薪として良いお値段で売ってたりする。

河原で流木を拾ってくるなんて知人もいますし、山間に住んでいる知人は、近隣の人が山を持っているので、間伐を手伝えば1本丸ごと持っていって良いよ!なんていう太っ腹な話は普通にあるそうです。自宅で使う薪ストーブ用の薪を買ったことが無いっていうんだから、恐ろしく羨ましい話です。あるところにはあり、無いところには無いという典型的な例。

話が脱線しましたが、今年こそは薪ストーブを買おうかなと考えています。でも最後はやっぱり買わないような気がする・・・。