キャンプをLEDランタンのみで賄うという方法はアリか?

そう言えば、私がキャンプを初めて頃はまだLEDランタンなんて効率の良いものはなくて、普通に蛍光管や電球を使ったランタンを買っていたのを覚えています。スタートアップの際はこのような電池式ランタンで全てを揃えようと思っていましたし、実際にほぼ電池式ランタンでキャンプをやっていたのを覚えています。

LEDランタンとは?

燃料(電源)がバッテリー、電池を使用するランタンのことです。必ずしもLED電球を使っているとは限らないので、電球ランタンとでも言った方が本当は良いのでしょうけど、現在ほとんどがLEDを使ったものなので、LEDランタンの方が通りが良いということでこの呼び名になっていると思います。

LEDランタンのメリットです

  • マントルがいらない
  • 点火の手間がいらない
  • ランニングコストが安い
  • 燃料は電池か充電池
  • 火をつかわないので、使う場所を選ばず危険性はほぼなし
  • ガス式には真似できないくらいの超コンパクトなものもある
  • 取り扱うメーカーが多い。

こんなところが LED式の良いところだと思います。

ちなみにこれは蛍光管。かなり古いしとても暗い。

なんと言ってもランニングコストの安さがイチバンだろうと思います。マントルを使うランタンは全て、マントル、ガソリン(LPガス)を必ず消費しますので、補充のための費用が必ず必要になります。

LED式も電源(電池・充電池の場合は電気)が必要になりますが、特に充電池を使ったものになると、ガソリン・ガスとのコスト差が大きくなります。

それと、点火・消火といった手間がボタン一つですから、作業が必要ないのも良い点です。

屋内で使えるのも良い点。特に就寝時に寝室で使う場合は、ガス式は危ないので絶対に使えません。その点LEDは危険ゼロなので問題がない。

最近はLEDの性能が向上しているので、とても明るいものも多く、私が見たところ屋外用として十分使えるのではないかと思います。

では、わざわざガス式ランタンなど買う必要は無いのではないか?

こういうことになりますよね?キャンプ道具を揃え始めた時、誰でも一度は疑問に思うことなんじゃないかな?と思います。

だって、LEDの方がメンテナンスも絶対良いだろうし、点火作業とかの手間もいらない。わざわざガソリンを買うなんてことも必要ないし、マントル交換なんて面倒だし。

実際すべてその通りだし、わざわざガス式にコダワル必要は特に無いというのは、キャンパーなら誰でも知っていることだと思います。

なので「全部 LEDランタンで揃えて良いの?」と言われれば、私なら「良いと思うよ!」と言います。好みの問題なだけなんで、自分が良ければそれで良い話だと思います。逆に、ガス式ランタンじゃなきゃダメな理由なんて、ひとつもありません・・・と断言しておきます。

LEDランタンだけでキャンプの灯を賄うには

ある程度の大きな出力があるものを買う必要があると思います。コールマンで言うところのクアッドとか、同程度の大きなものがあればそれで。

サイトをどのくらい明るくしたいのかで、その個数なども変わってくるはずですから、あとはお好みでと言ったところだと思います。

私も、外でLEDを使ったりしますが、昼光色の場合は料理をする時などは肉の焼き加減の確認などが電球色よりもわかりやすく、かえって使い勝手が良い気がします。手元に置いたり、触れても熱くないので、そういうところも良いです。

私は他のキャンパーさんの使っている姿をみたことしかありませんが、不便そうに見えたことはありませんし、むしろ使い勝手が良さそうです。良くみるものとして、クアッド2個にリバーシブルLEDなどを合わせて使っている方が多い気がしますね。

コールマン クワッドマルチパネル

4面に分割されたライトになっている。分割して使うこともできるので、夜間の手元灯で使うなど使い勝手が良さそうです。実物を見ると相当明るい光です。

結論。やっぱり自分の好み次第かな?

私はガソリンランタンが好きです。手間はかかりますが、音とか灯りの具合とか、匂いとか全部ひっくるめて好きです。外でその灯りの下で焚き火の世話をしながらゆっくりと飲むのがキャンプで一番の時間です。

私の場合その時間を演出する道具としてガソリンランタンが必要なだけで、他の方はそれがLEDランタンであったりすると思います。

なので、LEDが好きであればそれで、ガソリンが良いのであればそれで。それぞれってことで良いと思います。「これはこうじゃなきゃ!」っていう感覚は私は好きではないです。自分が楽しければそれで良しと。

実際のところ、キャンプ場ではガソリン・ガス派が多いと思います。ですので、LEDで揃えて買おうかと悩んでいる人は、どうなんだろうか?と気になっている方もいらっしゃると思って、今回こんな記事を書いてみました。

キャンプのやり方は自由ですし、面倒な決まりごとなんて一つもありません。ですので、人の意見は無視して我が道を行くのが正解だと思います。