ちょっと戸惑うキャンプ場でのマナー。どれが正解?

キャンプ場でのマナーって人それぞれです。特に決まったことはありませんし、どれが正解かもわかりません。ですが、全く無いかと言えばそうでも無いので、いまだに戸惑うことがあります。ということで今回はマナーについて考えてみます。

キャンプマナーのあるある。

早速ですが、私が今までの体験の中で戸惑ってしまったことをいくつか挙げていきます。

隣人との挨拶。

フリーサイトの場合、区画が無いので気持ち的に“ナワバリ意識”が薄れるせいか、隣人が着てもあまり挨拶することが無いと思います。

ですが、オートサイトのように区画がきちっとしている場合はなぜか初対面での挨拶が普通に行われることが多い。もちろん目が合ったら挨拶する程度の軽いものですが、私の場合ほぼやります。その方が後々気まずく無いですし。だけど例外があって、お隣がグループキャンプのような大人数の場合はしないかも。なんか気後れしてしまうし、到着当初からワイワイガヤガヤしているところに「よろしくお願いしま〜す」が白々しく聞こえてしまう気がして挨拶をしないことがあります。

互いが家族同士であれば、やって置いた方が良いと思います。ちなみに、目が合わないと聞こえていない場合が多いので、目を合わせてハッキリと挨拶した方が良いです。じゃないと無視されたとか勘違いして無駄に凹んだりするので・・・

子供の遊具の使い方

子供が遊具を使って遊んでいると、次の子供が待っているのに譲らない子供が居たりします。これは親が付いていない場合に特に多いです(たまに親が見ているのに、ずっと譲らない子供を注意もしない親も居るけど)。

今は我が子も大きくなったので、自分で譲ってと言うのですが、子供が小さい時は親の出番。なかなか譲ってくれない子供には、優しく「次、譲ってもらっても良い?」って聞いてあげると良いです。子供は悪気なく夢中になって遊びますから、言えば素直に譲ってくれます。

親側としては、子供にひとりで遊ばせる前に、必ず“譲り合いの気持ち”を教えてあげるのがベストです。まして親が付いているのであれば、必ず自分の子供に譲らせるよう促すようにしたい!(親が付いてて譲らないとかって、ただの〇〇親ですからね)

テントの中まで覗くのは止めてくれ!

他のキャンパーの区画を見て回るのは、キャンプの楽しみでもあるし、見られることに快感を覚えるキャンパー(変な意味ではない)さんも少なからずいらっしゃると思います。その為に自慢の道具を用意してくる方も多いのではないでしょうか。ちなみに、私は見学されるのは構いませんし、自分が見て回るのも好きです。(さりげなく見て回ります。)

テントの中覗かれるのは流石にこまるわん

眺めてもらうのは構わないのですが、ひとつだけ止めて欲しいことがあります。それはテントの中(特に夏場の網戸にした寝室の中)をじっくり覗き込んでくること!そこにあなたの興味のあるキャンプ道具はありませんからね!下手をするとただの変態になってしまいます。絶対に止めましょう。

何燃やすと、そういう煙出るの?

薪や炭に火を入れると、煙がでます。キャンプ場では当然ですので、じゃんじゃん燃やして楽しみたいところです。ですが、焚き火ができるからと言って、何でも燃やして良いと言うことではない。

特に石油系素材でできたものを燃やすのはマナー違反だと思います。過去一度だけあったのですが、ドス黒い煙を出しながら、焼却炉のような臭いが充満して、異臭騒ぎに巻き込まれたことがありました。当然ですが、燃やしていた張本人さんがザワザワし始めて鎮火しました。どうやら子供がいたずらして、ビニール系の道具を焚き火にブチ込んだようで、親に怒られていました。

自分にも被害がでますし、有害でもありますので燃やしてダメなものは止めましょう!

突然始まる謎の演奏会

これは夏場などによく見かけることがありますが、どこからともなく楽器の音が聞こえてくることがあります。太鼓だったり、ウクレレのような音だったり。突然始まるので、何か演奏イベントなのかな?と見に行ったりすると、普通にキャンパーさんが始めたものだったりして。ドラムストラックのようななんかアフリカンな太鼓の音など聞いていると楽しくなったりしますし、演奏している人が、そこそこ上手なレベルなので、個人的に嫌いではありません。

だけど・・・これ隣で休んでいる時にヤラレたら、結構迷惑だろうなぁ〜なんて思ったりして。

恐らくですが、お隣さんの許可を取ってから演奏しているのでしょうけど、私なら「演奏して良いスカ?」って聞かれれば、たとえ嫌でも「良いですよ〜」って言ってしまいそう・・・(本当は遠くでやってくださいって言いたいけど)。

夜中の大声と外遊びは勘弁してほしい。

ほとんどのキャンプ場は、消灯が午後9:00~10:00くらいに設定されています。それ以降はお静かに〜!という暗黙の了解がある訳ですが、興奮した子供たちが素直に眠れる訳はなく、なんなら真っ暗の中ボール遊びをし始める子供までいたりして。しかも大声を出して(ここでも〇〇親が・・・注意くらいしなさい!)

子供ならまだ気持ちも理解できるけど、大人の場合は酷い。あまりに酷いと気持ち的にはキャンプ場外で野宿してくれ!と言いたいくらいの気分です。

周りの人たちはあなた方の話を聞きたいとは思っていないので、自分たちだけで聞き取れる声で静かにお話しましょう。(と言いたい)

まとめ

キャンプ場は常に一期一会です。他の方も同様にお金を払って自分たちが楽しむために来ています。「お金を払っているんだから、何をしようが勝手ではないか?」という気持ちを持っているとしたらそれは間違いです。自分たちが楽しむのは勝手ですが、同様に他の人の楽しみを邪魔する権利は無いはず。マナーを守った上での自由であることを忘れてはいけないと思います。

周囲に迷惑をかけていないか気にするだけでも、必ずマナーは良くなりますので、みんなで気持ち良くキャンプができるようにそういう意識を心がけたいですね。