DODのキャンプ用品について、ちょっと調べてみました。

最近、DODと言うメーカーの商品を度々見かけるなぁと思っておりました。カマボコテント、ヌノイチなんていういい感じのネーミングの商品を扱っているようですね。とても気になったので、少し調べてみたら、益々興味が湧いてきました。

アイテムが充実している

普段からチェックしている方はとっくにその存在を知っていたと思うのですが、私はほぼ知りませんでした。キャンプ用品って一度買うと、壊れた時以外は滅多に買い替えもしませんから、当然普段チェックもしません。ですので久々に用品チェックをしたら、浦島太郎状態だったなんてことは良くある話です。

このDODですが、企業情報によると1997年の創業ということらしいですね。公式サイトで見てみると、ブランドのところにドッペルギャンガーっていうのがありますが、これは知っていました。かなり前に自転車用品を探している時に見たことがありました。こう見てみるとかなり前からアウトドア用品を扱っていたブランドのようです。私が知らなかっただけですね・・・。

デザインの方向性は好き

プロダクトを見ていくとわかりますが、統一感のあるデザインとカラーラインアップがとても好印象です。

色展開がそれほど奇抜なものにしないことで、無難なので飽きが来ませんし、選びやすいですね。好みの問題もありますが、私はこういうシンプルなのがとても好きです。下手に挿し色が入っていたりするとちょっと苦手ですし、さらに言うと、その挿し色自体がベースカラーとマッチしていないことが多いので「この色入って無かったら買うんだけどなぁ〜」ってパターンは良くある。その点、DODのこういう単色で仕上げたものは買いやすい!

実店舗展開は今のところほぼ無い?

実店舗での取り扱いについては、少ない印象です。全国の主要都市ではどこかで見ることができそうですが、全国の量販店で見れるレベルには無いようですので、ネットでの購入が早そうですね。

サイトでの商品紹介がしっかりしていて、使用時のサイズ感、高さや幅感もしっかりわかるような上手な画像が上がっていますので、実物を見なくてもまあ大丈夫だろうなという感じです。素材感だけは触ってみないとわからないところですが、この部分に関しては、実店舗であっても触れない商品もあったりするので、結局のところ、ネットで買おうが実店舗で買おうが、買ってみて初めてわかるというのが実際なので、問題は無いと思います。

結構人気が高い理由は?

ナチュラム、アマゾンで調べてみましたが、カマボコテントなどはどうも入荷すると即完売というような内容ですので、相当人気の商品みたいですね。このテント、作りはドーム型でよくあるパターンですが、開口部が広くて開放的ですね。

メーカーサイトに、内部での使用時写真が載っていますが、真ん中にテーブルを置いて通勤電車のロングシートスタイルで座っている模様があります。私がふと思ったのが、この真ん中のテーブルを外して、ここにドリルで穴を開けたら、わかさぎ釣りの屋形船だわなぁ・・・なんてことをイメージしました。今までのテントですと、この前室部分は比較的狭くて、こんな大人数が一度に入れるほどのスペースを確保している2ルームテントはそれほど無いと思います。その分、寝室は少し狭めになっているようには見えます・・・が!インナーテントを2個付けることが可能なようで、そうすると寝室が倍になるのか。大人数でキャンプする人にとっては、これは嬉しい。

一見、風に弱そうな作りなので気になるところですが、耐風速テストも行なっているようで、性能的に問題も無いようですね。見たところ張り綱がテントに2箇所留めされているのが効いているのでしょうか。最近はこの構造のテントが多いようですからね。

カマボコテントは買えればラッキー?

入荷したら即完売ということで、実際に在庫切れになっているショップが多いのかもしれません。(amazonでは購入できるような感じですけど)。人気に生産が間に合わないのでしょうか?テントで即完売っていうのもあまり聞きませんから、相当なものですね。

その他の用品も充実している。

テント以外で私が気になったのが、タキビチェア、メラテレビ、グッドラックテーブルあたりです。とにかく色展開の統一感があるので、一式DODで揃えるなんて買い方をすると、チグハグ感が減ってサイトがグッと締まって見えるような感じですね。



そのうち何か買ってみようかと思っています。

keyboard_arrow_up