火を着けるならガストーチ。マッチやライターよりもオススメ。

キャンプで火を使わないことは恐らく無いと思います。マッチ、ライター、ファイアースターターなどいろいろものがあります。私がオススメするのはガストーチ!というお話です。

その前にガストーチについて

ソト(SOTO) フィールドチャッカー ST-Y450

ソト(SOTO) フィールドチャッカー ST-Y450

2,016円(11/27 22:58時点)
Amazonの情報を掲載しています

ガストーチ(バーナー)とは、画像のようなものです。カセットガスを使ったターボライターのオバケのようなものです。またLPガスを使ったタイプのものもあります。購入する場合はお好みになるでしょう。 使い方はとてもカンタン。ガスコンロのようにガス栓ツマミを開いて、着火させて使います。ガス量によって炎のパワーが変わりますので、強火弱火の加減もできます。また着火させずにガスのみ吹き出すこともできます(使い方的にはNGなのかもしれませんけど)から、炭の火起こしの時、吹子(空気を送ってあげる道具です)の変わりにもなったりします。

ガストーチをオススメする理由

ガストーチをオススメする理由はいくつかあります。至ってシンプルな作りのこの道具ですが、とても便利で使い道がいろいろあります。オススメの理由をご紹介していきます。

風の影響をほぼ受けない

マッチ、ライターは風の影響をもろに受けます。お彼岸にお線香を着ける際に、外でなかなか火をつけられない経験をされている方は多いと思いますのでわかるはずですが、屋外で通常のマッチ、ライターを使うというのは結構しんどいです。キャンプ場の立地にもよりますが、多くの場合人里離れた山間や、臨海地域などにある場合がとても多いので、周囲に遮蔽物がほとんど無く、必然的に風が強くなるため、なおさら火を着けることが難しくなります。 そんな場所でも、関係なく火を着けられるのが、ガストーチ。どれだけ風が強くても火は着けられます(そんなに強風の場合は、キャンプもできないですけどね)。

チャッカマンタイプも風には勝てない

サッと使える

ガスボンベにカチッと挿すだけなので、すぐに使えます。キャンプ中は挿しっぱなしで置いておけますから、サッと取ってパッと使える!これが便利。火起こしはもちろん、炙り焼きの料理にも使えます。

火力が強い

マッチやライターなどで火を起こしている方は、このトーチバーナーを使い始めると、あまりの違いに感動するはずです。とにかく火力が桁違いです。なかなか着きにくい炭や湿った薪などでもカンタンに火を着けることが可能です。だいたい1分程度、集中照射すれば燃え始めます。

買わない理由は無い

トーチバーナーは持っていて使わないことは無い道具の一つです。ですので、買わない理由は見当たりませんので、迷っていたら買いです。価格もだいたい3,000円程度ですから苦になりません。 我が家では、このガストーチを使った火起こしにしたところ、子供からのパパ評価がグッと上がりました。

「パパ、火の着け方がとってもうまいね〜!」
「・・・楽勝だよこんなの・・・・」

本当に凄いのはトーチバーナーですけど、子供はこういうのでも喜びます。