キャンプチェア選びについて。収納サイズ、座り心地など

チェア選びは本当に迷います。専門店などでは試座できるように見本が並んでいることがありますから、座り比べをして購入することも多いと思いますが、どれでも同じような感じで本当に迷います。私は収納サイズと座り心地に絞って選ぶことにしていました。

チェアの種類

基本的には大差は無いのですが、細かく言うと種類があります。

ローチェア

座面が低く、腰を落とした時に地面付近におしりが付きそうなくらい沈むタイプです。ヘリノックスなどに代表されますが、比較的コンパクトなサイズのものが多いと思います。ここ数年このタイプをよく見かけます。

グランドチェア

完璧に地面に座るタイプです。どちらかと言うと、前室内などで使うのに向いていると思います。外でこれを使っている場面をみたことは無いです。

ディレクターズ

私はなんでこの呼び方なのかよくわかりませんが、映画かなんかでディレクターさんが使うような椅子だからでしょうか?このタイプは作りが結構しっかりしていて、座った感じも硬めなので使い心地は良いです。

ノーマル・ハイバック

最後がこれです。普通の椅子。一番良く見かけるもので、特徴としては背面(背もたれ)が肩口までかそれ以上のものになります。ほとんどのものが2段階程度のリクライニング機能がついています。

目的ごとに買うべきなのか?

例えば外で使うのがノーマルのチェア、前室用にローチェアやグランドなどにするかとか、目的用途に合わせてチェアを複数購入するべきか悩むことも多いかもしれません。

現実的に言うと、チェアはひとつあれば十分です。外で使う用考えて購入すれば良いはず。というのも、寝室ではもちろん使わないとして、前室でも使うかどうかが微妙なところです。

現在主流となった2ルームタイプ(前室と寝室が一体となったタイプ)のテントでは、前室(リビング)はシートが無いものがほとんどです。地面むき出しのため、好みによってリビングシートを敷くことが多いのですが、そうすると前室は靴を脱ぎますから、その時点でリビングで椅子を使うということがほぼ無くなります。

2ルーム以外については、タープなどで外にリビングとなりますから、結局椅子は外用ひとつで間に合う。ということで、結果椅子は1セットあれば十分ということになります。

種類ごとの収納サイズと座り心地

座り心地については主観の話になりますから、個人の好みになるのでなんとも言えません。私がいろいろ使ったり、試座してみた感想だけ書いてみます。

まず、グランドタイプ。これは座り心地はほぼ地面。背もたれがあるので前室で足を伸ばしたりする時に楽だと思いますが、私は持っていません。あぐらで十分かなと思って購入しようとは考えませんでした。全体的にコンパクトなサイズのものなので、収納サイズも小さいです。

次、ローチェア。これはかなり欲しかったので、迷いました。数年前に展示会でヘリノックスを試座してみましたが、私的には少し深すぎる沈み込みで、悪くはないんだけど、外使いを考えると立ち座りの繰り返しがしにくいかなぁ〜なんて思ったので、購入には至りませんでした。これも収納サイズは小さいですが、ヘリノックス以外のローチェアはそこそこのサイズ感があります

ヘリノックスについてですが、とにかく収納サイズがダントツでコンパクト!それでいて決してヤワな作りでは無い座り心地だったので、シングルキャンプなどで使いたいなと、今でも欲しいものリストには入っています。人気がある理由はここにあると思います。

次はディレクターズ。これも良い!座り心地としては一番好きです。このタイプだけは各社共通でフレームが太い。そして座面の生地の張りが強いのでバリッとした硬めの座り心地のチェアが揃います。個人的に大好きな硬めの座り心地なので良いのですが、背もたれがあるものを欲しかったので、これも購入しませんでした。収納サイズについては、まあまああります。特にフレームがしっかりしている分、収納した時に幅が出るものが多いです。

最後はノーマル・ハイバック。背もたれが付いたタイプなので、恐らく定番といえばこのタイプだと思います。ただ注意する点として、背もたれの角度や張り具合が各メーカーでそれぞれ味付けが違います。ですので、背もたれに拘る方は、一度座って確かめてから購入するのを強くオススメします。
収納サイズは、チェアの中で一番大きな部類に入るものばかりです。特にハイバックは背もたれ部分にフレームが入るので、長さがあります。ものにもよりますが、ミニバンタイプの車以外ですと、余程のトランクスペースの幅が無い限り横置きが厳しいほど長さがあると思いますので、購入する前に一度長さのチェックをしてからの方が無難。私は以前、大失敗しまして、横置きできずにルーフボックスに入れるしかなくなったという苦い経験があります。

ネット通販では、専門店などでも置いていないようなメーカーのものも購入できるので、ついつい勢いで買ってしまいがちだと思いますが、私の場合はメーカーの展示会で実際に座ってみてからネットで購入しました。その時狙っていたチェアが思ったほど良くなかったことを座ってみてわかったので、正解でした。

生地はコットンかポリエステルか

生地について。多いのはポリエステルだと思います。最近コットンも人気なので増えてきました。私はどちらも使っていますが、それぞれに長所短所がありますので、どちらが良いという言い方は難しいです。

コットンの良い点悪い点

良い点は、布の柔らか肌触りがありますし、着座したときにガサっとするようなビニール感を感じないため、とても落ち着きます。

悪い点は、汚れが落ちにくいところ。特に薄めの生地色(ベージュやホワイトなど)の場合、焚き火で飛んだ火の粉や灰のせいで、炭の色が着いたりすると、ほぼ取れません。もう一つ、水分を含むとなかなか乾かないのも欠点だと思います。間違って夜中外に置きっ放しにしたりすると、夜露を吸って朝方座る時にしっとりと湿った状態で洋服まで濡れてしまうなんてことがあります。

ポリエステルの良い点悪い点

良い点は、メンテナンスが楽です。コットンなどと違い、表面に汚れがついても、すぐに拭けば落ちる場合がほとんどで、色が着いたりという心配がありません。

悪い点は、コットンのような柔らかさに欠けるところ。仕方ない部分ですが、どうしても硬い(ガサっとした)触り心地になります。

どちらでもほぼ同じ

それほどの違いは恐らくありません。私は現在コットンを愛用しておりますが、同じモデルのポリエステルでも良かったかなと思うことが多いです。ハッキリ言えば、それほど違いは感じないというところでしょうか。コダワリのある方はそうではないのでしょうけど、私はあまり繊細ではないので、どっちでも構わないという感じです。

同じモデルにポリエステルとコットンがある場合は、ポリエステルの価格が安い場合が多いので、お得感はあると思います。