比較しにくいランタンの明るさ。迷ったらベストセラーを買う

ランタンを購入する際に一番悩むのが明るさ。なぜなら明るく無いランタンを買って失敗したくないから。今のところ口コミに頼るかカタログ数値を元に検討するしかないのですが、そこでもまた厄介な問題があって、メーカー側で明るさの単位を統一していないものだから、比較のしようがない。

ランタンの明るさを比較するには

ハッキリ言って、カタログ数値はある程度の目安でしかありません。というのも、ランタンの形状によって同じワット数でも感じる明るさが全然違ったりする場合が多いから。

パワーハウス290Aの最大出力時(リフレクター装着)

例えば、私が持っているもので例えるなら、コールマンのツーマントルと、ユニフレームのフォールディングUL-X。コールマンのツーマントルは、ノーススターに次ぐ明るさのあるランタンとして人気なのですが、これでワット換算190W。対して、UL-Xはカタログ上240Wだそうです。数値上はUL-Xの方が性能が良いということになりますが・・・

何かの間違いでは?(内心)

実際に今年も使っていますが、感覚的に言うと圧倒的に明るいのはツーマントル。UL-Xは申し訳ないけど、メインで使えるほどとはとても思えない。
UL-Xとツーマントルが決定的に違う部分、それはグローブ(燃焼する明るい部分)の大きさがそもそも違うところ。冷静に考えてみてもわかりますが、ツーマントルが2個の電球(マントル)なのに対して、UL-Xは1個。それで明るさがUL-Xが上と言われて、納得できますか?私はできないし、実機で比較してもやはりツーマントルが明るい。

以上のことから考えると、単純にワット数での比較は非常に難しいのでは無いかと思っています。

同じ表記でも、明るさの感じ方に差が出るのですから、当然ルクスだとかルーメンだとかがごった煮状態になったものを単純に数値比較しろと言われても、現実的ではないと思います。

ということで結論から言うと、比較する場合は、自分で買ってみて試す他はない!

主要メーカーのランタン数値

参考になるかなと思って、まとめてみました。お伝えしているように、ルーメンからルクスからごった煮状態ですので、ここでの比較などはしていません。あくまでも数値表です。

メーカー品名数値備考
コールマンノーススター チューブマントル360cp/230WCPはキャンドルパワー
ノーススターLP320cp/200w
パワーハウス ツーマントル300cp/190w
ワンマントル200cp/130W
ペトロマックスHK500500cp/400w
スノーピークギガパワーBF170W
プリムス2245370ルクス
ソトST233660ルクス
ユニフレームフォールディングUL-X240W

数字上、ダントツのスペックなのがペトロマックス。口コミはどうも悪いようです・・・実際はどうなんでしょうか?カッコはとても良いんですけど。

コールマンは安定感抜群ですね。ランタンと言えばやはりこれかなというのが正直なところ。チューブマントルはド定番です。私もツーマントルのユーザーとして、ここに挙げたコールマンの機種はだいたい外れは無いと思っています。ツーマントルで言えば、この1台で半径3メートル程度は普通に明るいです。あまり明る過ぎても雰囲気が壊れますので、いつも燃料を絞った状態で灯している感じです。だからこれ1台でも十分。グループで行くようなことが多い方だと、1台ではちょっと厳しいので、2台以上ということになるはずです。

その他のメーカーは平凡な数字です。カセットガス式で言えば、私の場合はユニフレームはちょっと敬遠します。有償修理しても直って来ないという結果だったので、仕方ないですね。ハズレを掴んだということで勉強させて頂きました。ユニフレさんはランタン以外は結構まともな商品出してるので、信頼してたんだけど・・・

それとイワタニ(現イワタニプリムス)ですがこのプリムスは歴史のあるメーカーですし、私の手持ちで言うとイワタニのCB(ジュニアランタン:今は廃盤のようです)がとても優秀すぎたので、購入してみたいメーカーではあります。

ベストセラー、ド定番商品を買えば、間違い無いはず。

ランタンと言えばコールマンになるので、ズバリコールマンのガソリンかLPのどちらかで定番商品を買うのがベストでは無いかということになると思います。逆に言えば、これ以外の選択肢が見当たりません・・・

最近、LEDランタンを外で使っている方もよく見かけます。これもかなり明るいようです。ガスやガソリンのような手間もいらないので、こういう手もありかもしれませんね。

キャンプ場でランタンが活躍するのは、外でのクッキングと食事の時がせいぜいです。その時に必要な分の明るさがあれば良い訳で、およそ10㎡程度のサイト全体を寝るまでの間ずっと明るくしとかなきゃならない訳ではありません。その程度であれば、大型のランタンが1個あれば十分。
ということで、少し値段が高くても間違いのないベストセラーを買うというのが賢い選択だと考えます。

コールマン ノーススター2000(チューブマントル)

ノーススターです。説明不要の定番中の定番。私もこれを買おうかと思ったのですが、天邪鬼根性が勝ってしまい、土壇場でツーマントルにしてしまった・・・。LPガス使用も同様ですが、これを使っているキャンパーさんを見ないキャンプ場はありません。

コールマン ツーマントル(並行品)

パワーハウスの並行品(という扱いで良いはず)。285というのは日本で販売されている商品には現在存在しない型番です。見た感じもまんま290Aなので、パーツも同じものが使える(と思う)。国内では保証対象外だけど・・・

コールマン ワンマントル

私の個人的な意見ですが、このワンマントルまでが1台で十分使えるレベルの範囲だと思います。これより光量が少ないと、いろいろと不便が出て来そうな気がします。私個人的に、このワンマントルも購入したいリストに入っています。パワーハウス同様、古めかしいこのタンクの感じに愛着を感じてしまいます。

余談:リフレクターは地味だけど結構役立ちます。

リフレクターとは、光をある方向に反射させて増幅(集中が正しいかな?)させるパーツです。正直あまり使っている人を見かけませんが、これ結構役立ちます。感覚的に間違いなく明るくなると思います。

ランタンを使う際、テーブルなどに置いて使う場合は下に反射してくれるので、逆にリフレクターは不要ですが、ランタンスタンドに掛けて地上から2m付近で使う場合、どうしても上方向に逃げる光が多くなります。そのため少し暗く感じたりします。その上方向に逃げる光を反射して集めてくれるのがリフレクター。

適合表を見ると、ワンマントル、チューブ(ノーススターなど、ほぼ全てのガス・LPランタンに対応しているようです。

ネットなどで調べると、これを自作している人もいるようです(しかも上手い!)純正品しか存在しないようなので、汎用として販売したら良いのに・・・。

keyboard_arrow_up