キャンプブームは本当に来てるのでしょうか?

キャンプブーム到来なのでしょうか?どこらへんに来てるのか。長年地味にキャンプを続けてきたキャンプファンの私としては、大変嬉しいニュースであり、願わくはずーっと長くブームであって欲しいと思っています。これを機会に手軽に始められるキャンプの楽しさが広まって行けば良いなと心から願っております。

キャンプブーム到来なのか?

近年、確かに人気のキャンプ場の予約が取りづらい状況だったのは記憶していましたが、もともと人気のところには予約が集中するのがこの業界なので、そこだけを見てブームだとはちっとも思ったことはありませんでした。グランピングでしたっけ?なんか道具を持たずにオシャレにキャンプを楽しむみたいな感じの?あれのおかげで幅広い年齢層にキャンプが広まったのでしょうか?

私の周りだけに限って言えば、以前と全く変わらないです。キャンプをやっている人!って言うと、知り合い30人に一人居るかいないか程度ですから、キャンプ人口ってせいぜい5%程度なのかな?なんて勝手に決めつけたりしています。と言うわけで、ブームが到来なんていう話も、個人的には眉唾だったりしています。コールマンさんとかロゴスさんがブームの火付け役だったりして。それはそれで良いんですけど・・・。

個人的には常にブームであって欲しい。

キャンプをしている者としては、キャンプ人口が増えるのはとても嬉しいです。なぜかと言えば、もともとキャンプ人口が少なすぎて、常に寂しく思っていたからです。土日以外だとほぼ貸切状態のキャンプ場を見てると、いかに分母が少ないかが良くわかると思います。

最近のテレビなどを見ていると、キャンプの達人と言う人が出ていろいろなアイテム紹介をしている様子を目にします。誰でもカンタンに始められるという切り口でうまく紹介しているので、そういう番組が多くなってきてるのも人気に火をつけている一因なのではないかと思っています。

個人的に言えば、一過性のものではなくて、ずっとブームが続いて欲しいなと思います。ハイシーズン以外スカスカのキャンプ場で我がサイトのみでポツンと行うキャンプは、静かで良いのですが、ちょっと寂しかったりもします。心細いと言うかなんというか・・・。 キャンプをしている人たちは、ほぼ全くの他人同士ですが、隣のサイトの人たちと挨拶を交わしたりしますし、気さくな人だと、道具についての話などで盛り上がったりもします。ですので、周りに人が多いほど、キャンプも楽しいということが言えると思います。

キャンプは決して敷居が高い遊びでは無い。

私の知人に、とにかく道具に拘りのある、いわゆる“キャンプ通”のような人がいます(どの世界でも、こういう人が一番めんどくさいですけど)。人は悪くないのですが、キャンプの話に限ると、道具やスタイルを一流で揃える傾向がある人で、量販店でいつでも揃うブランドや、安価な道具を使っている人をなんとなく見下すような癖がある人です。その人から聞く言葉でよく「初心者は・・・」というワードが出てきます。私はこういう人が敷居を無駄にあげてキャンプ人口を低下させる迷惑な人なんだろうなと思っています。 キャンプに初心者も達人も居ませんから・・・そんな高等な遊びではございません。大人の探検ごっこと言って良いと思います。敷居も高くはありません。BBQの延長で、外で寝るだけみたいな感じですから。知識や技術と言ったって、それほど自慢できるような専門性も必要としません。ですので、誰でもすぐにやり始めることができます。 これから初める方も、「キャンプはこうあるべき!」なんて言葉に踊らされて、「道具はこれじゃなきゃ!」とか「オシャレじゃなきゃ!」とか「〇〇映えするサイトを作らなきゃ!」とか考えない方が良いですよ。そんなの疲れるだけです・・・。

私が初めてキャンプをスタートした時は、テントと最低限の道具を専門店のスタッフさんに教えてもらいながら購入しました。この程度の道具でスタートできるんだ〜なんて喜んでた記憶があります。実際にやってみると、これが足りない、あれが欲しいなんていうものが回数を重ねる度に次々出て来て、それでまた次のキャンプでテスト、また次という感じになっていき、いつしかキャンプにどハマりしていくというパターンでした。

という訳で、キャンプは初めた頃がとっても楽しかったです。すべてが初めての経験ですから。ですので、今から始める人たちには、失敗とか勘違いは当たり前と思って、どんどんチャレンジして欲しいです。その失敗自体も、後から笑い話として良い思い出になりますよ。

まとめ

近年、本当に便利にキャンプをできる環境が整ってきています。用品レンタルも充実していますし、電源もある、シャワーや入浴設備もある。売店では一通りのものが揃うなど、ほぼ手ぶらで行っても何とかなりそうなくらい、キャンプ場のレベルも上がっています。今まで、やってみたいけど躊躇していた人も、このブームに乗っかって、とりあえず感覚で初めてみると、きっと楽しいと思います。

ブームがず〜っと続きますように!

keyboard_arrow_up