炭の火起こしで一番簡単なオススメ方法

キャンプやBBQをする際、焚き火台やコンロで使う炭に火起こしを行います。薪と違って、炭というものは火が非常に着きにくいものです。初めて炭に火起こしする際などは、よくこの作業で苦戦することがあります。実は私もその一人でして、なかなか火がつかずに30分ほど苦戦した記憶がありました。そんな訳で、簡単な火起こし方法をご紹介してみようかと思います。やり方はとてもカンタン!火起こし器など専用の道具も不要です。

火起こしに使う道具

道具といっても、専用のものを使う必要はありません。ちなみに、よく売っている火起こし器があります。

これは特に不要です。火起こし器メーカーさんごめんなさい。以下、あると楽になる道具です。

  • カセットガストーチバーナー CB-TC-OD
  • うちわ or 送風できるもの
  • 着火剤(トーチの場合はほぼ必要ありません)

これだけです。着火剤はあればなおカンタンになりますが、私はほぼ使わないです。トーチだけでも十分だと思います。トーチが無い場合は少し時間がかかると思いますので、その場合には着火剤があると作業的には手早く済ませられます。トーチの話が出たので、あえて強調しておきますが、キャンプを続けて行くのであれば、ガストーチはほぼ必須アイテムになりますので、買っておいて損はしません。

他、新聞紙を使ってやるという方もいらっしゃるかと思います。私の経験上、新聞紙も確かに使えますが、弱点が何個かあります。

1点目、風の強い日だと厳しい。2点目、新聞紙もそこそこの量が無いとなかなか火が着くまでに時間がかかる。最後、燃えかすがそこそこ気になる程度に残るので、後からBBQをする場合などで肉を焼く時とかに、火力を戻すのに空気を送る際に相当カスが飛びますので、あとあと面倒になる。以上のような理由で個人的にはあまりオススメしません。

ファイアースターターというものもあるよ

極端な話をすると、火起こしなど、火が着きさえすれば何でも構わないということになりますが、キャンプで大事なのは、火起こしを“どう楽しむか”なんだと思います。あえて面倒な方法を選ぶか、超カンタンに起こすかのどちらかです。究極の面倒を楽しむのであれば、引き弓式火起こしや、キリモミなんて言うボーイスカウト的な方法もありますし、もうちょいマイルドな面倒さを楽しみたいのであれば、ファイアースターターを使うなんてこともあります。

火起こしの手順とコツ

手順と言っても、それほどの準備などは一切不要です。コツの方が強く影響してくると思います。大まかな流れを箇条書きにしてみます。

  1. 焚き火台、またはコンロの床の真ん中部分に着火剤を置く(トーチを使わない場合)
  2. その真ん中を囲むように、井桁のように組みあげていく。
  3. 一番下の炭(着火剤がある場合は着火剤に)に火を着ける。(炭の芯までしっかり火が着いて自力で炎が出る程度までです)

以上が主なポイントです。詳しく解説してみます。

1:トーチを使わない場合には、火を着ける際にライターやマッチなどでの着火になろうかと思いますが、経験上、そのくらいの火力では炭に着火するまでに相当の時間が必要になってきます。チャッカマンでも同様です。その場合には、着火剤またはそれ同等の火力を維持できるアイテムが必要になってきます。私が過去使ったものとして、先にあげた新聞紙、薪を細く削ったもの、松ぼっくり、着火剤などがありますが、どれも火を着けることはできましたが、着火剤以外はとにかく大変でした。時間がかかって仕方なかったです。なので、トーチが無い場合には、着火剤を素直に用意しましょう。松ぼっくりは、燃えるとヤニが発生して大変でした。松葉も同様です。

2:これが一番のポイントです。これをやるとやらないとでは、火起こしの時間に大きな差がでます。ポイントは井桁なのですが、炭の質がイマイチな場合は、崩れた炭などが多くて、うまく井桁が組めない場合があります。こんな時は、井桁じゃなくても上に積み上げていくことで同じ効果が得られます。

巨大な井桁組みのキャンプファイヤー。

積み上げる際のポイントとして、一番下の部分を遮蔽しないこと。要は下から井桁の真ん中を通って、上に風が抜ける構造を作ってあげることがこの火起こし方法の肝になってきます。

3:あとは着火するだけです。この際、一番上の炭に着けるのはオススメしません。この方法でも時間をかければ下に延焼していくのですが、効率が良くありません。必ず一番下の炭に着火してあげることが重要です。

トーチの場合、炭の一点に集中させて約1分ほどで完全に着火してくれると思います。炭が湿気っている場合でもせいぜい2分程度で着くと思います。一旦火が着いた後は、炎が消えないように適度に空気を送風してあげれば火の回りは早くなります。うちわなんかが楽ですが、送風自体をトーチのガスのみで行うこともできますので、トーチ一本あれば事足りると思います。

井桁の2段目あたりまで火が回るころには、自力で炎を維持できるようになりますので、あとは一番上まで火が回った時点で井桁を崩して、その火の着いた炭を元火として、新たに井桁を作って新しい炭に着火させるような作業に入ります。私の場合は、元火を枕木のように並べて、その上に線路のように新しい炭を重ねる方法をとっています。いずれにしても、しっかり火の着いた炭であれば、どんな方法でも延焼してくれます。

まとめ

あまり慣れない時は、炭って火が着きやすいと思いがちなのですが、全く逆です。ですので、たまに他のキャンパーさんがやっている方法で、炭を平らに敷き詰めて着火しようとしている人がいますが、なかなか着かなくて苦戦しているのを見かけたりします。これもまたキャンプの楽しみなので、良いんですけどね。

火は下から上に登ります。勝手に上昇気流を作ってくれるので、それを活かした火の着け方が一番理にかなってるのが、この井桁組みの着火方法です。まだ知らなかった方はぜひ一度試してみてください。火起こしが劇的に楽になりますので。